任意売却とは?
任意売却とは、住宅ローンの融資を受けている人が、返済が困難になった場合、金融機関との合意によって、不動産を売却する手続きです。通常住宅ローンの返済が滞った場合、金融機関は不動産競売の申し立てを行います。この競売でも不動産の売却はできますが、競売による売却金額は市場価格の60%ほどといわれています。これでは不動産を売却したとしても多額の住宅ローンの残高が残ることとなり、新たな生活の再建は大変なものとなります。
この競売による手続きではなく、金融機関の合意に基づきあなたの不動産を市場価格に近い金額で売却し、住宅ローンの残高を少しでも減らして新たな生活を再建する。これが「任意売却」です。

任意売却のメリットとデメリット

メリット
市場価格に近い金額で売却するため、競売の時より高い金額で処分することが出来、住宅ローンの残債額が少なくなります。
金融機関にとっても、競売の時よりも多くの融資金を回収することが出来るため、双方にメリットがあり、残債額の支払い条件などの話し合いがスムーズに行えます。
一般の中古物件と同じ扱いですので、あなたのプライバシーが周囲に知られる心配がございません。
デメリット
売却の期間がある程度決められるため、一般の相場よりも若干安く売却することになります。
連帯債務者や連帯保証人がいる場合には、事前に同意を得なければ手続きを進めることができません。
指定信用情報機関にあなたの情報が登録されます。
(ただし、住宅ローンの遅延や滞納が3ヶ月間程度続いておりますと、その時点で登録されています。)

任意売却の流れ

一般的な任意売却の手続きについてご説明します。
以上が一般的な手続きの流れとなります。まずは、Step2.の第一歩を踏み出すことが大切です。
当社まで、お気軽にお電話・メールにてご相談ください。
お問い合わせはこちらから
  • 売却査定
  • アットホーム引越し見積もり
  • 03
    29
お役立ち情報
松山市学校情報
住宅ローンシュミレーション
税金関連
株式会社スバル
〒790-0827
愛媛県松山市鉄砲町7-13 1階
TEL:089-926-6161
FAX:089-926-5588
営業時間: 09:00~19:00
定休日: 日曜・祝